Mobile Computing (1) Introduction

MIT App Inventorを使ったスマホ・アプリの作成

スマホ・アプリ開発

世界の携帯電話契約数は世界の人口を上回った。携帯電話中スマホの普及率は67.4%、スマホの販売数はパソコンを超えた、動画視聴ネットショッピングに使用する機器は、スマホがパソコンを超えた!! スマホ・アプリ開発人材不足のため、求人が増えた。スマホOSのシェアは、主にAndroidとiOSであり。日本にはほぼ半々だが、全世界の場合Androidは78%。スマホ・アプリ開発は、従来のプログラミングとビジュアルプログラミングがある。

MIT App Inventorとは

• Android用ビジュアル プログラミング

– コーディングなし、プログラムの部品をドラッグ&ドロップで組み合わせるだけでできる。

• 使ってみたいアプリを自分で作る

– ひらめいたアイデアから簡単にアプリが作ることができる、プロトタイプにも適する

• 実用のアプリ開発も可能

– Java プログラマー向けの Android アプリ開発の解説書の例題10戦全勝

MIT App Inventorできること

Googleはコンピュータ科学専攻ではない大学生、看護学生、女子高生、小学生などを対象にApp Inventorのテストを行ってきた。サンフランシスコ大学の学生は車の運転中に送られてきたテキストメッセージに自動返信するアプリを作成。看護学生は加速度センサーを用いて患者が倒れたときに、患者の携帯電話から救急メッセージが送信されるようにした。レゴマインドストームというロボットもMIT App Inventorのプログラムで動かすことができる。

clip_image002

準備するもの

• PC

– Webブラウザ (ChromeかFirefoxを推薦。IEはサポート外)

– MIT Appinventor Tools (~80 MB) http://appinv.us/aisetup_windows

• Google アカウント

• Androidマシン(スマホ or タブレット)

– 「MIT Ai2 Companion」

– QRコードスキャナー

• 無線LAN(WiFi) あると便利

開発環境

下記何れの開発環境を用意

  1. Androidデバイス+WiFiがある => Androidデバイス+WiFiで実行
  2. Androidデバイスがない => エミュレータで実行
  3. AndroidデバイスはあるがWiFiがない => Androidデバイス+USBケーブルで実行

 

2 thoughts on “Mobile Computing (1) Introduction”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *