Quirky Linux 7.1 designed for Android & App Inventor app development

Quirky Linux 7.1使う経緯

学校のマシンルームにApp Inventor アプリの開発講座を考えた。

学校のマシンルームに設置したパソコンの設定がいろいろ制限があり、いろいろ試して苦労したが、結局App Inventor の開発はできません。

まずAndroid は、学校の認証プロクシ通れないので、Web関連のアプリの開発できない。

それからコネクトの問題:

  1. MIT AI2 Companion実機接続:接続できないため使えない。
  2. USB実機接続:USBのデバイスドライバーうまくインストールできない。
  3. エミュレータ接続:学内App Inventor サーバ建てても、つながらない。

結局最初のApp Inventor アプリの開発講座は、エミュレータ接続で、MITのサーバを利用することで凌ぎでした。

学園祭で、再度App Inventor アプリの開発講座を予定した。今度何とか実機接続できないかと考えた。

Lunixなら、デバイスドライバー問題ないらしいので、Googleして見た。

なんとQuirky Linux 7.1という、Android & App Inventor アプリの開発ためのバージョンがありました。

http://distro.ibiblio.org/quirky/quirky6/x86/releases/appril-7.1/

Quirky Linux 7.1のインストール

ネットでみると、情報がすくない。READMEをみるしかない!

http://distro.ibiblio.org/quirky/quirky6/x86/releases/appril-7.1/appril-7.1-README.htm

16GB drive imageですので、ダウンロードした1G程度のファイルを解凍して、14Gぐらい膨らんだ。

16GB USBを用意して、HDDRawCopyというツールで書き込みする。

PCのBIOSをUSB起動するようにセットし、ワンちゃんのデスクトップ出れば、いい感じ。

有線または無線ネットワークを設定して、インターネットに接続する。

 

App Inventor アプリの開発

デスクトップの中央に、App Inventor というアイコンがあり、クリックすると、App Inventor のサーバが立ち上げ、ブラウザは開発画面を開けられた。

ここで、適当にプログラミングして、実機接続して見た。ここは問題発生!

Quirky Linux 7.1にあるApp Inventor のサーバは一年前の古いもの、最新のMIT AI2 Companion対応してない!

もしかして、パッケージに含まれると、READMEを参考にして探したら、下記のところにあった。

/opt/appinventor/MIT AI2 Companion.apk

今度実機のMIT AI2 Companionをこのファイルと差し替えで、試したいと思う。

 

感想

  1. 実機接続開発できそう
  2. 学内このサーバを建てで、ローカル開発できるかも
  3. 。。。

 

Source: Puppy Linux’s Sister Quirky 7.1 Distro Arrives with Tools for Android App Developers

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *