Mobile Computing (4) Mole Mash

第4章 アニメーション(Mole Mash)

(Chapter 3. MoleMash)

**Mole Mashは、**ゲームセンターによくあるもので、画面のデザイン、Campas部品、さらにImageSprite使い方が学べます。

表3- 1 “もぐら叩き”アプリ中のコンポーネント一覧

コンポーネント パレット 命名 用途
Canvas Drawing and Animation Canvas1 ImageSpriteのコンテナ
ImageSprite Drawing and Animation Mole タッチ目标
Button User Interface ResetButton スコアリセット
Clock Sensors Clock1 移動速度
Sound Media Sound1 的中された際振動
Label User Interface HitsLabel 的中と表示
Label User Interface HitsCountLabel 的中数の表示
HorizontalArrangement Layout HorizontalArrangement1 HitsLabelとHitsCountLabel置き場
Label User Interface MissesLabel 失敗と表示
Label User Interface MissesCountLabel 失敗回数
HorizontalArrangement Layout HorizontalArrangement2 MissesLabelとMissesCountLabel置き場

デザイナー画面

まずは、新しいプロジェクトを作りましょう。名前は、「mole」としました。

「Screen1」ができております。さっそく「Screen1」のプロパティから変更します。

  • Title        「もぐらたたき」「アプリの名前になります。」
  • ScreenOrientation 「Portrait」「縦長固定のアプリにします。」
  • Scrollable      チェックをはずす。「スクロールするような状況になっても、画面にスクロールバーが表示されず、画面がスクロールしなくなります。

というわけで、ここに置くコンポーネントのHeightのFillParentがきちんと効くようになります。

スコア表示部分を作成

スコア表示部を作ります。

「LayOut」内の「HorizontalArrangement」を置き、その中に、Labelを2つ入れます。

こんな感じ↓

後で、ブロックエディタでプログラミングするときに、分からなくならないように「Components」を「Rename」します。

  • 「HorizontalArrangement」 →Rename→ 「ScoreArrangement」
  • 「Label1」 →Rename→ 「HitsLabel」(プロパティのTextを「Hits:」に変更する。)
  • 「Label2」 →Rename→ 「HitsCountLabel」(プロパティのTextを「0」に変更する。)

これは、点数を表示させるラベルとなります。

デザイナー画面を完成させます。

  1. 「Button」を1つ配置します。「Button1」 →Rename→ 「RestartButton」(プロパティのTextを「Restart」にする。
  2. 「Canvas1」を配置します。(プロパティWidth: Fillparent, Height: Fillparent)
  3. 「Canvas1」の中に「ImageSprite」を一つ入れます。「ImageSprite1」 →Rename→ 「MoleImage1」(プロパティのPictureに「mole.png」を設定し、もぐらを表示します。)(mole.png), 「MoleImage1」の配置は、Canvas内であれば、どこでもかまいません。好きなところにおいてください。
  4. 「Clock1」を配置します。Non-visible Componentとして、下に配置されます。(プロパティのTimerIntervalを500に設定します。)
  5. 「Sound1」を配置します。これも、Non-visible Componentとして、下に配置されます。(プロパティの変更はなし。)

これらが完成するとこうなります。↓

モグラたたきのブロックエディタその1

「Blocks」のボタンを押し、ブロックエディタを表示します。

まずは、点数を表示するための変数「Score」を設置します。初期値は「0」としておきます。

次は、モグラをランダムに表示させるブロックを作ります。左側にあるBlocksの「Clock1」をクリックし、「When Clock1.Timer」ブロックをドラッグします。

これです。↓

これは、「Clock1」のTimerIntervalで指定した時間ごとにイベントを発生するためのブロックです。プロパティで500 msと設定したので、0.5秒ごとにこのブロック内のイベントを発生させます。0.5秒ごとにモグラのを表示させるようにします。

モグラを表示させるのは「MoleImage1」をクリックし、「call MoleImage1.MoveTo」をはめ込みます。このブロックは、「x」と「y」に指定した場所に「モグラの図」を表示します。

「MoveTo」となっているブロックなので、その位置にアニメーションしながら動いていくのかと思いがちですが、「x」「y」の座標の位置までジャンプしていくイメージです。動いている様子は、エミュレートして見て下さい。モグラたたきっぽくなっています。

ここまでだとこうなります。↓

最後に「x」と「y」の部分に入れるものは、ランダムで表示させるブロック「random integer from ① to ②」のブロックを使います。

「x」の①から②の範囲は、下の図を参考に考えて下さい。①は「0」、②は、「Canvas1.width – MoleImage1.Width」となります。

ということで、ここを完成するとこうなります。↓

モグラたたきのブロックエディタその2

「when MoleImage1.Touched」のブロックを使います。

これです。↓

カンバス内の「MoleImage1」にタッチしたときの処理を決めるブロックです。

この中に入れるブロックは、次のものになります。

1,変数「Score」の値を1増やす。

2.変数「Score」の値を「ScoreLabel」に表示する。

3.0.1 秒間(100 ms)スマートフォンを振動させる。

これらを組み合わせて完成させます。

モグラたたきのブロックエディタその3

「Restart」ボタンを動かすブロックです。今回の「Restart」ボタンは、ただ、点数を「0」にもどすだけです。

ブロックエディタで、「RestartButton」ボタンをクリックし、「when RestartButton.click」をドラッグします。

これです。↓

中は、こんなブロックです。

1.変数「Score」を「0」にします。

2.変数「Score」の値を「ScoreLabel」に表示する。

(これは、「モグラたたきのブロックエディタその2」の時に作ったブロックと全く同じものなので、それをクリックし、「Ctrl+C」キーを押し、「Ctrl+V」キーを押す。つまりコピーアンドペーストが使用できます。1.の変数もコピー&ペースとしてから、数値の部分を変えた方が楽です。)

全部一緒にするとこんな感じです。↓

MITでのサンプルはここで終わりです。ここから先は、自分で工夫してみます。

  1. 応用例1:もぐらを3匹にしてみよう。
  2. 応用例2:もぐらを叩いたら音が出るようにしてみよう。
  3. 応用例3:猫を1匹足してみよう。
  4. 応用例4:「Restart」ボタンを、「Start」ボタンに変更。
  5. 応用例5:制限時間を30秒に設定。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *