Meet App Inventor

 App Inventor との出会い

2011年9月、書店で見かけた本で、AppInventorのことを知った。

51VqiDHaE2L._SL500_AA300_

30分でつくれるAndroidアプリ Google App Inventorではじめよう!

その可能性を感じて、早速手を動かして、最初は例のねこのデモプログラムを試した。感動です!

以来、デモプログラムの作成、ハードウェアの購入、オフ会の参加、学校の講義など、いろいろ関連活動をし、特に自分が得意とするサーバ関連のUbiquitous Computing, Cloud Computing, Big Data、などなどの情報をまとめるため、このサイトを開いた。

スマホ・アプリ開発

世界の携帯電話契約数は世界の人口を上回った。携帯電話中スマホの普及率は67.4%、スマホの販売数はパソコンを超えた、動画視聴ネットショッピングに使用する機器は、スマホがパソコンを超えた!! スマホ・アプリ開発人材不足のため、求人が増えた。スマホOSのシェアは、主にAndroidとiOSであり。日本にはほぼ半々だが、全世界の場合Androidは78%。スマホ・アプリ開発は、従来のプログラミングとビジュアルプログラミングがある。

通常Androidアプリ作成/開発を行うには「Eclipse」というツールを使用し、プログラミング言語はJavaで開発するものと決まっていました。

App Inventor とは

「App Inventor for Android」とはGoogle Labsで公開されているAndroidアプリを作成ツールです。

このApp InventorではEclipseもJavaのコードも使用しません。Webブラウザ上で画面をデザインし、Javaアプリ上でパズルのような部品を組み合わせてイベントを組み立ててAndroidアプリを作成します。

App Inventorはもともと、プログラミングを専門的に学んだことがない学生がプログラムの作り方の基礎を学ぶために作られました。アメリカでは高校やコンピュータサイエンスを専門としない大学での授業でも利用されています。

App Inventorは教育目的のツールであるため、プログラミングの経験が少ない人でも手軽にAndroidアプリの開発を始められます。また、パーツをつなぎ合わせることでアプリを作るので、コーディングの必要がなく、バグの入り込む余地が非常に少ないことも特徴に挙げられます。

MIT App Inventorできること

Googleはコンピュータ科学専攻ではない大学生、看護学生、女子高生、小学生などを対象にApp Inventorのテストを行ってきた。サンフランシスコ大学の学生は車の運転中に送られてきたテキストメッセージに自動返信するアプリを作成。看護学生は加速度センサーを用いて患者が倒れたときに、患者の携帯電話から救急メッセージが送信されるようにした。レゴマインドストームというロボットもMIT App Inventorのプログラムで動かすことができる。

clip_image002

label

App Inventor 関連サイト

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *